ワックス脱毛とは

ワックス脱毛というのは、ワックスと呼ばれる特殊な液体を肌に塗り、ワックスの粘着性により毛を吸着させ、ワックスを剥がすことにより毛を抜く脱毛方法です。

 

その痛みには個人差がありますし、どんなワックスを使うのかにもよりますが、粘着性を利用した脱毛ですので、残念ながら肌にダメージはあります。肌の弱い方にはおすすめできない脱毛方法です。

 

かなり安い料金でできる脱毛方法で、脱毛専用のエステというよりは、フェイシャルエステやボディエステなどで行われていることが多いようです。

 

自宅で自己処理できる脱毛方法ではありますが、エステで行われる場合には次のような流れになります。

 

まずは脱毛する部位を洗浄します。そして温めたワックスを脱毛する部位に塗り、ワックスが冷えて固まってきたらワックスを引きはがして脱毛します。どうしても多少は毛が残ってしまいますので、残った毛はピンセットなどで処理します。

ワックス脱毛の脱毛効果

ワックス脱毛は、毛抜きで抜くよりはしっかりと脱毛ができるのが特徴です。毛抜きでは、毛の一部分に負荷がかかってしまうため、途中で切れてしまいやすいのですが、ワックス脱毛では表面に出ている部分にほぼ均一に負荷がかかるので切れないのです。

 

しかし、ある程度の長さのある毛にしか効果はありませんので、脱毛の効果としてはあまり高くありません。脱毛直後はムダ毛が目立たなくなるかもしれませんが、すぐに脱毛できなかった毛が目立ってくるでしょう。

 

また、ワックス脱毛では毛根部分を破壊するわけではありませんので、脱毛出来た部分であったとしてもその効果は一時的なものとなってしまいます。すべすべの状態を維持するのであれば、月に1回は施術を受けないといけないでしょう。