脱毛の種類について

脱毛するには、多くの人が自己処理でやっている剃毛が簡単ですが、効果が長続きしません。効果が長続きする脱毛は、医療系のクリニックや非医療系のエステサロンなどで施術を受けることが一般的です。

 

脱毛の施術には、電気脱毛、レーザー脱毛などありますが、その中のひとつに光脱毛があります。

光脱毛

この脱毛方法は、非医療機関のエステサロンなどで行われているもので、比較的痛みが少なく、安全性も高いといわれていますが、脱毛の効果の点では医療機関でのレーザー脱毛よりは少ないようです。

 

そのやり方は、光を毛根部分に当てることで、毛根周辺の細胞を光のエネルギーで熱して破壊するといったもので、毛の生えている元の部分の細胞が壊されることによって脱毛できるというわけです。

 

ここでは光脱毛とひとくくりに言っていますが、この光脱毛に使われる機器はたくさんの種類があることや、エステサロンの側でも他との差別化するといった意味で、いろいろな別名で呼ばれることが普通になっています。

 

その名称は、IPL脱毛、フラッシュ脱毛など色々あるのですが、そのなかのひとつにプラズマ脱毛があります。

プラズマ脱毛

プラズマ脱毛と呼ばれている方法では、使用する光源にキセノンフラッシュが使われています。

 

これは、カメラに付いているフラッシュと原理的に同じもので、短い時間だけ強い光が出るという性質があり、プラズマ脱毛では、この光をフィルターに通してより均一の波長の光だけ照射するようにしているようです。

 

いずれにしましても、この方法は光脱毛の範疇ですから、施術中の痛みはそれほどでもないようですが、脱毛の効果は永久脱毛というよりは「かなり減毛できる」と考える方が良いでしょう。