妊娠と脱毛

妊娠中といえども、やはり脱毛などでムダ毛の無い綺麗な肌をキープしていたいと思ってしまいますよね。ですが、やはりお腹に赤ちゃんがいる状態では脱毛による影響がないのかどうかとても気になってしまうのではないでしょうか。

 

妊娠中の脱毛に関しては、とくに胎児への影響は無く問題ないとされています。皮膚表面の毛を処理するだけですから、体の中にまでは影響を及ぼさないんですね。

 

ですが、ほとんどのクリニックの場合、妊娠がわかった後は脱毛を中止し、出産後体の状態が落ち着いてから改めて再開するというところがほとんどです。

 

これは、胎児への影響とはあまり関係なく、脱毛の効果を考えて中止するということになります。

発毛サイクルの乱れなど

妊娠中はホルモンバランスが変化しますから、発毛サイクルも当然変わってしまいます。

 

ですので、発毛サイクルに合わせて処理を進める脱毛は出来なくなってしまい、もし脱毛したとしても効果があるかどうか解らないということになってしまいます。

 

また、妊娠中は肌が敏感になることも多く、これはトラブルの原因を作ってしまいますね。脱毛の際はジェルや保湿液などを使用しますから、普段は大丈夫だったものが妊娠したことによって皮膚に悪影響を及ぼすということも考えられるのです。

 

また、ジェルや保湿液、サロン内の匂いで体調が悪くなってしまうことも十分考えられますし、脱毛処理を行う際に無理な姿勢をとると、これはお腹の子にとって良いとは言えないでしょう。

 

このように、脱毛自体は妊娠への悪影響はありませんが、効果が期待できなかったり、不測の事態を引き起こしてしまうことを考慮して、妊娠中の脱毛は不可とする脱毛サロンがほとんどというわけです。