高周波脱毛の特徴

最近よく耳にするようになってきた高周波脱毛ですが、実際にはどのような脱毛方法なのかを解説します。

 

まず、脱毛サロンで行なわれている高周波脱毛は、従来のフラッシュ脱毛に高周波を組み合わせたものが一般的で、これはフォトRF脱毛やオーロラ脱毛など、使用する機械の名前によって色々な名前で呼ばれています。

 

これらは原理はどれも同じで、高周波をお肌に当てることによって毛根にダメージを与え、ムダ毛を抜けやすくするというものです。

 

この高周波はお肌の奥まで届きやすいという性質があり、また細くて色素の薄い毛もしっかりと処理できるという特徴をもっています。

 

フラッシュ脱毛では、しっかりと処理するために出力を高める必要があったり、産毛のような細い毛は脱毛しずらいという弱点がありました。この弱点を補うために高周波を上手く利用しているのが、脱毛サロンでの高周波脱毛なんですね。

 

フラッシュ脱毛で脱毛を行ない、補う形で同時に高周波による脱毛も行なわれますので、今までの方法よりも綺麗になるという効果が期待できるのも高周波脱毛の特徴です。

家庭用の高周波脱毛器

脱毛サロンでの高周波脱毛は、フラッシュ脱毛と組み合わせる形で行なわれますが、家庭用の脱毛器は高周波だけで脱毛します。

 

高周波だけを使うと、毛根にダメージを与えて毛が生えてこなくなるという効果はなく、ムダ毛が抜けやすくなるという効果しかありません。

 

ですから、高周波を当てながらムダ毛を抜くということになります。

 

ムダ毛を抜くときは力任せに行いがちですが、これはお肌のトラブルの大きな原因になってしまいますね。これを避けるために高周波をあて、簡単に抜けるようにするというわけです。

 

永久脱毛のような効果はありませんが、ムダ毛は何度も抜いていると徐々に薄くなっていき、ほぼ生えてこなくなるということもありますから、家庭用の高周波脱毛器は手間がかかるものの高い効果が期待できる方法と言えるでしょう。